So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

ブログの移行について [その他]

本ブログを運営してきましたが、今後は下記ブログへ正式に移行することにしました。
   http://59hamradio.blog.jp/

このブログはこのまま継続しますが、新規書き込みは行いません。

htmlの編集がやややりにくく感じます。
コメントの書き込みがあるのですが、登録メールに連絡が届きません。
スパムメール扱いで削除されているかも?)

話題がブログタイトルと離れつつありますが(笑)、少しずつジャンルを編集していきます。

タイヤ交換 [その他]

151202car-1.jpg
12月に入り、いよいよ寒くなってきました。

今日は雨もあがり気温も少し上昇(最高14℃くらい)したので、タイヤを交換しました。いよいよスタッドレスタイヤの時期です。

私は国産車ですが、まずは家内の車、話題のフォルクスワーゲンです。購入後5年は経つでしょうか、タイヤ交換は毎年面倒に感じます。

私は国産メーカーばかりで5台目です。
タイヤは5箇所で固定されていますが、外すのはホイールナットではなくボルトなのです。下はボルトを1本だけ取り付けた写真です。
一方、ホイールの裏面は下のようになっており、中央の凹部に引っ掛けてからボルトをはめ込みます。
タイヤを押し付けながらボルトを挿入せねばなりません。
151202car-2.jpg151202car-3.jpg

慣れれば気にならないでしょうか。

151202car-4.jpgもう一つの問題が、ボルトの形状です。タイヤ1本を5本のボルトで固定しますが、1本だけ形状が異なり、頭にミゾがあります。
付属品にレンチのアダプタがあり、これが無いとボルトの取り外しが出来ません。
タイヤ泥棒が存在する海外ならではの仕様です。

さて、2年目のタイヤ交換の時、ボルトが外れずに困りました。ボルトを強く締めすぎたせいでしょうか、外そうとしてもレンチが空回りします。ねじ山の角が取れ、なめてしまったようです。

家内がガソリンスタンドで交換をお願いしましたが、同様の理由で取り外し不可能とのこと。30分ほど走ったディーラーの工場へ行き、交換してもらいました。

毎回ディーラーへ行くのも、手間とお金がかかって大変です。サービスマンに相談し、通常のボルトを譲ってもらいました。
ボルトの樹脂カバーが入らない問題はありますが、このまま使っています。

ミラーサイト [その他]

現在のWebサイトの内容をそのままコピーしたミラーサイトを立ち上げました。
   http://www.59hamradio.sakura.ne.jp/

レンタルサーバの一番安いコースで、2週間の無料お試し期間中です。多分、このまま継続すると思います。

現在のサイトでも支障ないのですが、レンタルサーバはアップロードの容量が非常に大きいのと、独自ドメインが運用可能なのが魅力です。
アクセスカウンタは従来のものと異なります。レンタルサーバ会社が推奨していたカウンタ(フリーウェア)ですが、ようやく正常に動作するようになりました。

従来のサイトは、いずれ閉鎖しようと考えています。プロバイダに不満があったわけではありませんが、ネットの世界に入った1997年からの契約です。
光回線の契約は仕事で使う都合で他社になっています。
このプロバイダとは最低料金のコース(ダイヤルアップ)で1ヶ月540円ですが、メ-ルアドレスのみ維持するための契約216円/月でも、Webサイトは使えます。月々324円の節約です。
一方、レンタルサーバを借りて、さらに独自ドメインを取得しても月々300円以下・・・・。ならばやってみるか!ということになりました。

アクセスカウンタの都合でトップページのみ異なるのは、ちょっと我慢です。
あれこれ模索中です。

FL-101用スピーチプロセッサ [YAESU]

150801sp-1a.jpg
ヤエスの送信機FL-101に内蔵するスピーチプロセッサが、先日お嫁に行きました。

手持ちのFL-101にはスピーチプロセッサが内蔵されています。いつどのようなルートで入手したのか記憶にないのですが、未使用品です。使用予定が無いため必要な方を探していました。
150801sp-2a.jpg
入手時のビニール袋に入れたままだったので、外観は良好です。私が中古のFL-101を入手したのが1980年ですから、ほぼ同時期の製品と推測します。
約35年の年月を考えれば、コンデンサの交換と再調整は必要でしょう。

取扱い説明書の原本がありました。回路図は付属していませんが、ハムジャーナル誌のNo.2に技術解説記事があり、回路図が公開されていました。これもコピーしてお送りしました。
技術的には困らないはずです。

同型のリグをお持ちの愛好家がいれば、欲しかったでしょうか。

続:新バンドプランの確認 [無線運用]

先日の話題の続きです。

先日、7MHz・3.5MHzのSSBなら、以下の範囲で運用しましょう、と書きました。
 7MHz  7.049-7.199MHz
 3.5MHz  3.539-3.574MHz
但し、これはあくまでも「バンドプラン」という法律上の話、実際とは異なります。

7MHz帯の200KHz拡張および新バンドプラン適用後の現実を知らない(Hi)のに論評するのもお粗末な話ですが、上記範囲内ならどこでも構わないというわけではありません。

7MHzですが、QSLカード交換中心のラバースタンプ国内QSOは7.1MHz以下のようです。また、7.099MHzはバンド拡張以前からモービル局の集まる周波数になっています。
7.1MHz以上は、ラグチュー中心のQSOやAMモードの運用です。
このような事情から、記念局運用は7.096MHz以下になります。知らずにCQ!と叫んでも、応答が無い可能性大です。
さらに一部の方が集まる周波数があるかもしれません。(以前は7.036や7.0775の例がありましたが・・・・)
知らずに電波を出すと、邪魔者扱いになるかもHi。

3.5MHzも同様です。新バンドプラン適用後は情勢が変化したと想像しますが、以前は3.555付近以上は強力な局がゆっくりQSOをしており、ラバースタンプQSOが入る余地がありませんでした。
記念局といえどもCQを出しても、空振りです。

隣接周波数からの混信にも厳しく、3KHz以上離さないとクレームがつくこともありました。
モービル運用専用周波数?、まだあるでしょうか。ここは、かつてバンドのど真ん中でした。
私が記念局を運用した数年前、「中途半端なところで出ているね!」と声がかかったことがあります。3.5XX.3MHzと、100Hzの桁をぴったり0にしない運用を指摘されましたHi!

ところで、CWもルールがあります。7.000-7.010MHzはDX優先ですし、和文を好む方の集まる周波数もありました。

運用経験者でないと分からない「約束事」があります。これも徹底したほうが賢明でしょう。
慣例上のルールゆえ、明文化しづらい内容ですが、注意を払いたいものです。
現状をご存じの方、是非お教えください。

新バンドプランの確認 [無線運用]

ここ数年、運用をしないアマチュア無線愛好家ですHi。

今年1月、バンドプランが変更されました。特にローバンドの3.5MHz・7MHzを運用する際に注意せねばなりません。
改めて、資料を引っぱり出しました。JARLのサイトからダウンロードした資料を抜粋します。

先日、記念局で問題が発生したそうです。7.047MHzのSSBで運用したとか。
150701bandplan-1.gif
SSBは7.045-7.200MHzまでになっていますが、7MHzではLSB(Lower Side Band、下側側波帯)が一般的です。
LSBは標記周波数に対し下側の成分を含んでいます。通常のSSBでは3KHzですから、7.045MHzで電波を出した場合、7.042-7,045MHzの間に電波のエネルギーが放出されます。
従って上記例では、7,048MHzより下では電波を出してはいけないわけです。
下限を説明しましたが、上限は厳密に言えば7.1999999・・・MHzまで大丈夫ですが(Hi)、1KHzは余裕を取り7.199MHzとするべきです。
帯域100KHzの時代に、7.099MHzでモービルのグループが運用していました。
となれば、下限は7.0480001MHzではなく、余裕を見て7.049KHzかもしれません。

<結論> SSBは7.049-7.199MHzで運用しましょう!

3.5MHzも同時掲載しました。
150701bandplan-2.gif
150701bandplan-3.gif

ここも私案として結論を書きます。

<結論> SSBは3.539-3.574MHzで運用しましょう!
その他は同様の考え方ですね。

それにしても、記念局のミスとはいただけません。
リグの上に「運用周波数 CWは・・・、SSBは・・・・」と大きな文字で書かれたプレートを用意するとか出来ないでしょうか。
運用管理者の問題だけでなく、JARLからの指導も再考いただきたいところです。

真空管8000本のオークション [パーツ]

情報収集でネット検索して見つけたネタです。

真空管8000本以上の出品、80,000円スタートで、終了が何と1,961,000円です。
150630tube-2.jpg
150630tube-1.jpg
150630tube-1a.jpg
150630tube-1b.jpg
写真奥にある小箱は大半がMT管なのでしょうが、手前には大型送信管・セラミック管も見えます。1本100円として80万円ですが、実際は数倍の価値はあるでしょう。

出品者の亡くなったお父さんのコレクションで、真空管博物館を開くのが夢だったとか。
出品者の住む宮崎まで直接引き取りに行くか、引き取り・配送をしてくれる業者を手配する方に限定されて売る条件です。
運送業者に「こわれもの」で運送を委託する場合、費用は落札者負担・・・としたら、欲しがる人はもっといたかもしれません。

入札者を確認しましたが、100万以上の入札が8名いました。評価の少ない2名は「冷やかし」かもしれませんが、入札があるものですね。
150630tube-3.jpg
前の7件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。