So-net無料ブログ作成
検索選択

続:新バンドプランの確認 [無線運用]

先日の話題の続きです。

先日、7MHz・3.5MHzのSSBなら、以下の範囲で運用しましょう、と書きました。
 7MHz  7.049-7.199MHz
 3.5MHz  3.539-3.574MHz
但し、これはあくまでも「バンドプラン」という法律上の話、実際とは異なります。

7MHz帯の200KHz拡張および新バンドプラン適用後の現実を知らない(Hi)のに論評するのもお粗末な話ですが、上記範囲内ならどこでも構わないというわけではありません。

7MHzですが、QSLカード交換中心のラバースタンプ国内QSOは7.1MHz以下のようです。また、7.099MHzはバンド拡張以前からモービル局の集まる周波数になっています。
7.1MHz以上は、ラグチュー中心のQSOやAMモードの運用です。
このような事情から、記念局運用は7.096MHz以下になります。知らずにCQ!と叫んでも、応答が無い可能性大です。
さらに一部の方が集まる周波数があるかもしれません。(以前は7.036や7.0775の例がありましたが・・・・)
知らずに電波を出すと、邪魔者扱いになるかもHi。

3.5MHzも同様です。新バンドプラン適用後は情勢が変化したと想像しますが、以前は3.555付近以上は強力な局がゆっくりQSOをしており、ラバースタンプQSOが入る余地がありませんでした。
記念局といえどもCQを出しても、空振りです。

隣接周波数からの混信にも厳しく、3KHz以上離さないとクレームがつくこともありました。
モービル運用専用周波数?、まだあるでしょうか。ここは、かつてバンドのど真ん中でした。
私が記念局を運用した数年前、「中途半端なところで出ているね!」と声がかかったことがあります。3.5XX.3MHzと、100Hzの桁をぴったり0にしない運用を指摘されましたHi!

ところで、CWもルールがあります。7.000-7.010MHzはDX優先ですし、和文を好む方の集まる周波数もありました。

運用経験者でないと分からない「約束事」があります。これも徹底したほうが賢明でしょう。
慣例上のルールゆえ、明文化しづらい内容ですが、注意を払いたいものです。
現状をご存じの方、是非お教えください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。