So-net無料ブログ作成

タイヤ交換 [その他]

151202car-1.jpg
12月に入り、いよいよ寒くなってきました。

今日は雨もあがり気温も少し上昇(最高14℃くらい)したので、タイヤを交換しました。いよいよスタッドレスタイヤの時期です。

私は国産車ですが、まずは家内の車、話題のフォルクスワーゲンです。購入後5年は経つでしょうか、タイヤ交換は毎年面倒に感じます。

私は国産メーカーばかりで5台目です。
タイヤは5箇所で固定されていますが、外すのはホイールナットではなくボルトなのです。下はボルトを1本だけ取り付けた写真です。
一方、ホイールの裏面は下のようになっており、中央の凹部に引っ掛けてからボルトをはめ込みます。
タイヤを押し付けながらボルトを挿入せねばなりません。
151202car-2.jpg151202car-3.jpg

慣れれば気にならないでしょうか。

151202car-4.jpgもう一つの問題が、ボルトの形状です。タイヤ1本を5本のボルトで固定しますが、1本だけ形状が異なり、頭にミゾがあります。
付属品にレンチのアダプタがあり、これが無いとボルトの取り外しが出来ません。
タイヤ泥棒が存在する海外ならではの仕様です。

さて、2年目のタイヤ交換の時、ボルトが外れずに困りました。ボルトを強く締めすぎたせいでしょうか、外そうとしてもレンチが空回りします。ねじ山の角が取れ、なめてしまったようです。

家内がガソリンスタンドで交換をお願いしましたが、同様の理由で取り外し不可能とのこと。30分ほど走ったディーラーの工場へ行き、交換してもらいました。

毎回ディーラーへ行くのも、手間とお金がかかって大変です。サービスマンに相談し、通常のボルトを譲ってもらいました。
ボルトの樹脂カバーが入らない問題はありますが、このまま使っています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。