So-net無料ブログ作成
検索選択

FL-101用スピーチプロセッサ [YAESU]

150801sp-1a.jpg
ヤエスの送信機FL-101に内蔵するスピーチプロセッサが、先日お嫁に行きました。

手持ちのFL-101にはスピーチプロセッサが内蔵されています。いつどのようなルートで入手したのか記憶にないのですが、未使用品です。使用予定が無いため必要な方を探していました。
150801sp-2a.jpg
入手時のビニール袋に入れたままだったので、外観は良好です。私が中古のFL-101を入手したのが1980年ですから、ほぼ同時期の製品と推測します。
約35年の年月を考えれば、コンデンサの交換と再調整は必要でしょう。

取扱い説明書の原本がありました。回路図は付属していませんが、ハムジャーナル誌のNo.2に技術解説記事があり、回路図が公開されていました。これもコピーしてお送りしました。
技術的には困らないはずです。

同型のリグをお持ちの愛好家がいれば、欲しかったでしょうか。

FT-7 VFOのパーツを追加 [YAESU]

130521ft7-3.jpg前回に紹介したFT-7のVFOの中にあったアクリルのパーツですが、バリコンの耐震対策で貼り付けられたもののようです。

ケースの奥まった位置にあることが判明したので、貼り付けました。
どこまで効果があるのはは不明です。

情報をいただき、ありがとうございました。

FT-7のVFO [YAESU]

Webで整理するまでのメモ書きです。

先週からヤエスFT-7をいじっています。基板の接触不良モドキの症状がありましたが、ようやく原因がつかめ解決しました。
今日はVFOの調整を始めました。

VFOのカバーを外すと、妙なプラスチック部品が転がっていました。透明アクリルのブロックで10mmX15mmX6mmくらいのものです。
ボンドの跡があり、コイルボビンに貼りつけてあったのではないかと思うのですが、ご存じの方はいらっしゃるでしょうか。
130521ft7-2.jpg130521ft7-1.jpg
この部品が無いと、VFOの上部カバー板を押すと周波数が変動します。マーカー信号を受信すると、トーンが変化するのです。
コイルボビンとカバー板の距離が近く、コイルの磁束が影響を受けるようです。この影響緩和の目的かも。
周波数ドリフトとの関係も要注意ですね。
・・・・そういえば、どこかで見たことのある構造です。ヤエスのノウハウかも!?

さて写真撮影の後、大変なことに気づきました。部品が無い!!
ゴチャゴチャな机下に落下させてしまったのか・・・・。ざっと調べても見当たらず、これから再捜索ですHi。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。