So-net無料ブログ作成
検索選択
昔ネタ ブログトップ

DX向けQSLのステッカー [昔ネタ]

小川さんのQSLの片隅から出てきたステッカー、これも古いものです。

JARLからDXビューロへQSLを送る場合、ステッカーを貼る必要がありました。80年代中ごろに廃止になったでしょうか。
1シート100枚ですが、17枚使われただけで大半が残っています。裏のノリはほとんどシートに貼り付いています。
121127sticker-1.jpg
DXを楽しんでいた1960年前後のものでしょう。私が知っている60年後半では1枚2円でした。
JARLの私書箱であるBOX 377 TOKYOが懐かしい。JARLの規定カードでも、PSE QSL via JARL(P.O.BOX 377 TOKYO JAPAN)と書いてありました。
121127sticker-2.jpg

60年前のCQ誌を読む [昔ネタ]

1952年発行のCQ誌です。4・5月号、7・8月号、11・12月号の3冊が手元にあります。
発行番号を見ると、第2号・3号・5号とあります。2ヶ月単位の発行ではなかったようです。
121126cq52-2.jpg
アマチュア無線の国家試験が開催されたのが1951年です。4・5月号に第1回から3回までの1級・2級の合格者名が掲載されていました。
第1回の合格者は、1級47名・2級59名です。2文字コールの最初をお持ちの方のお名前が見られます。
121126cq52-1.jpg
すぐ次のページに3回の試験問題が掲載されています。1次試験と2次試験があります。
1級の場合を例にとると、
1次:無線学の記述式5問 (2時間)
2次:無線学の記述式4問 (1時間30分)
   電波法規の記述式4問 (1時間)
   無線学の5択20問 (1時間)
   電波法規の5択20問 (1時間)
となっています。今の試験と比べると、記述式はハードです。(今は簡単すぎる、という声もありますが)
皆さん全てが電気を勉強された方ではないでしょう。合格するために努力されたと思います。

合格しても、直ぐに免許は下りません。11・12月号にコールサインが書かれた箇所が見られるようになりました。
DXのコーナーもありますが、まだSWLのみです。CWが主ですが、アフリカの珍局のレポートもあり、当時の受信機とアンテナでは「どんな聞こえ方だったのだろう?」と驚くばかりです。
スーパーヘテロダインのRXならいざ知らず、0-V-1や1-V-1+逆Lでは想像もつきません。
121126cq52-3.jpg
まだ外来ノイズの少ない時代ならでは、かもしれません。
今更ですが、1-V-1を作ったら使い物になるかな?? この住宅環境ではノイズだらけでしょうね。
PLC問題は下火になり、普及したという話も聞きませんが、電子機器ノイズの多さに閉口しています。

JARLの会員証 [昔ネタ]

JARLの会員証が出てきました。

JARLは1959年に社団法人化されました。法人化前の1958年(昭和33年)は「会員証」ではなく「盟員証」です。
横113mm X 縦61mmの名刺くらいのサイズです。
121115jarl-1.jpg
下は1959年7月31日発行の「会員証」で、横132mm X 縦84mmと一回り大きくなりました。
121115jarl-2.jpg
さて、何月から社団法人になったの?とネットで調べると、諸説あり不明確です。
これも小川さんの遺産のCQ誌を引っ張り出したところ、同年6月28日の総会で発足した、というのが正解のようです。(出典: CQ誌1959年8月号)
121115jarl-3.jpg

無線と実験 受信レポート [昔ネタ]

電波科学に続いて、『無線と実験』のカードをご紹介します。
121113mag-3.jpg
誠文堂新光社発行の『無線と実験』は1924年創刊の歴史ある雑誌で、現在は「MJ無線と実験」と改題・発行されています。
このカードも昭和27年の日付があり、DXレポート投稿に対するお礼文があります。
" THE OLDEST RADIO MAGAZINE IN JAPAN " という文字に、伝統を感じます。
文章が英文になっているのは、海外に読者がいてレポートを送ってくることを意識したのでしょうか。あるいは、国内の米軍関係者にマニアがいたのかも?
121113mag-4.jpg

電波科学のDX受信リポート [昔ネタ]

続いて小川さんの宝物ボックスから登場するのが、電波科学からのハガキ(カード)です。
121113mag-1.jpg
『電波科学』は1933年創刊の歴史ある雑誌で、80年代半ばに『エレクトロニクスライフ』で約10年、その後『パソコンライフ』で1年発行された後に休刊になったそうです。
発行元は、NHKの系列である日本放送出版協会です。電波科学は、オーディオの記事が多数掲載されていたと記憶しています。

カードの日付は昭和27年、アマチュア無線の免許が発給される前です。海外のアマチュア局か放送局を受信したSWL/BCLのレポート投稿に対するお礼状です。
121113mag-2.jpg裏返して目に止まったのが、切手の消印です。
「戸毎に表札 戸毎に受箱」・・・・・表札を掲げ、郵便受けを用意して下さい、という意味ですね。
戦後7年あまりで、まだ住宅事情が良くない頃です。郵便配達に困らないように、紛失しないように、というPRでしょう。この消印は初めて見ました。
* 私は、もう少し後に生まれたので、この時代は写真や書籍等の情報しか分かりません。

JARL監査指導のハガキ [昔ネタ]

exJA0KR小川さんのカードの中に並んでいた、JARL監査指導委員が使用したハガキです。昭和38年と印刷されています。

jarlkansa-1.jpg
氏が監査指導委員を務められた、と伺っていました。バンドをワッチし、規定を守っていない局に郵送していたのでしょう、未使用で残っていた1枚です。
周波数の読み取り精度が十分でない時代ですし、VFOもドリフトしたでしょう(経験ありますHi)。フォーンバンド逸脱や、オフバンドは結構あったと思われます。
高調波の問題は当時のCQ誌でも話題になっていました。1エリアの3.5Mcの信号が、3エリアの7Mcで聞こえた、とかHi。
ほとんどメーカー製リグを使う現在は、こんなことはあり得ません。

今の監査指導は、無免許の取り締まりでしょうか。
昔ネタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。