So-net無料ブログ作成
検索選択
無線その他 ブログトップ
前の7件 | -

CQ誌に転載された写真 [無線その他]

私用で知人に会った時の話です。
「今月のCQ誌の特集に出ていたね」
「えっ、何のこと?」
「へぇー、知らなかったんですか」
・・・・どんなことだろうか?と不思議に思いつつ帰宅しました。

コールサインが出ているのか、参考文献にURLがあるのか・・・・と探しますが、見つかりません。
間違いかも、後でメールで問い合わせようか、と考えた矢先に発見しました。
CQ誌2015年6月号の25ページの写真です。
今日知ったことで、事前連絡・了解はありません。

オリジナルの写真は以下です。ダウンロードして使ったのでしょう。
   http://www.amy.hi-ho.ne.jp/iaasada/collect/tvi/tvifilter1.html
150527cq-1.jpg
私のWebサイトのトップページには、こう記しています。
  本Webで使用している文章・写真等の画像の無断使用は堅くお断りします。

内容は大したことではありません。しかし、私のポリシーは明確にしています。著者も有名出版社も著作権の考えを理解していないように判断しました。
例外を認めれば、俺もやるか、どうせばれない・・・と考える人が出て来ます。これが困るのです。

「参考にするので、写真を使わせてほしい」とメールで連絡をもらえれば、記事の趣旨を理解した上で快諾したと思います。もっと見栄えのする写真をお渡ししたかもしれません。
ところが、何もありませんでした。

個人サイトへのコピー転載は過去にありましたが、いちいち気にしていられません。しかし、発行部数の多い『一流雑誌』では、適当な対応でしょうか。

10年くらい前だったでしょうか、CQ誌で同軸フィルタの内容が写真入りで紹介されました。やはり事前連絡なしでした。この頃も無断使用ご遠慮のお願いをしていたはずです。
当時は、CQ出版社はWebのエチケット(というよりも一般社会のマナー)を知らないのかねぇ・・・と呆れましたが。

3年前、他出版社からWebサイトを紹介させて、という依頼がありました。
理由あってご遠慮いただいたのですが、事前の根回しはあったのです。
  http://59hamradio.blog.so-net.ne.jp/2012-08-11
これが普通だと思うのですが、webに公開したら何でもありでしょうか。

2015/6/24追記:
この記事を書いた当日、CQ出版社へ意見を送りました。特に反応はありません。

9M2 Malaysiaからのメール [無線その他]

最近はネタ切れで、書き込みが滞っています。昔ほど趣味に割く時間もありません。
140716ps-1.jpg
先日、マレーシアの無線家からメールが届きました。Webで紹介した電源キットのメンテナンスに対する質問です。レストアの本文を日本語から翻訳して読まれたようです。
キットはどこで購入できるのか?とのこと。
残念ながら、20年以上前のキットなので、販売はおろか発売元も存在するかどうか分かりません・・・と返事をしました。

キットでも自作に挑戦する無線家が海外にもいることは感服します。しかし、設計が古すぎます。
140716ps-2.jpg
写真に出ている基板の14P DIPのICは伝説とも言える「723」です。超有名ベストセラーですが、周辺の抵抗・コンデンサが多数必要で、今さら新規購入する気にはなれません。

回路を構成するなら、LM317やLM338あたりがポピュラーなようです。周辺部品の点数も少なく、電源電圧の可変範囲も広くなります。

同じサフィックスの局とQSOは可能? [無線その他]

リビングで家族とTV鑑賞+雑談中ですが、ふとひらめいた雑ネタを。

コールサインで自分と同じサフィックスのJA局が、どれだけ現在も免許をお持ちなのだろう?と。
最近は総務省の無線局検索が使えるので、調べてみました。

ところで、検索結果はYahooの検索からも入手可能です。以前は活躍されていたが、免許は失効している方もいるかもしれません。
Yahooで検索し、コールサインで検索される情報も併せて入手しました。

方法は、プリフィックスを1つずつ書き換えて検索するという単純作業です。
22局のコールサインが生きていました。他1局は失効したばかりです。
他のもう1局は昔のコールを失効した後、私と同じサフィックスを得ましたが、旧コール復活で最初のコールに戻ったようです。
検索すると、思わぬ情報が出てきました。
他エリアへQSYし、別のコールに変わった方もいるでしょう。exJXXXXXと書かれていれば、ヒットするかも。

同じサフィックスの局とQSOすることは非常に稀で、私は2局だけです。
無線局検索結果では、免許されている周波数・モード・出力電力の情報がわかります。HFが免許されている方は半分くらい、50W以上の上級局はさらに半分くらいです。
QSO出来たなら、すごくラッキーでしょうね。

中古品売買のルールを考える [無線その他]

もう1年以上(もっとかも)経過するので、書き込むことにしました。
写真は本文と一切関係ありませんので、念のためHi。
121124buy-1.jpg
ネットサーフしていたら、リグを売りますという方がいました。HFの真空管リグ1台と50MHzのハンディトランシーバ1台が目に止まりました。いずれも発売後30年以上経過しているものです。
外観は悪くなく、オークション相場に比べ安価です。お願いしてみようか?とメールを入れました。

最初は県名までの住所と名前だけでお願いメールを書きました。まだ相手がどのような人物か分からないからです。少ししてから返事があり、売買の約束が出来ました。
そこで、私の住所と電話番号を書き返信しました。送金方法(銀行口座)と相手の方の住所・電話等の連絡先を教えていただくようにお願いしました。

すると、「住所や連絡先などの個人情報を聞いてくるとは失礼な!」というお叱りの返事。
こちらから見れば、金銭がからむ話ですから、相互の信頼感を高めるためには当然なのです。
しかし、ここで喧嘩をしても始まりません。じっとこらえて失礼しました、と返事。その後やりとりを経て送金し、リグを入手しました。
結局、相手は宅配便の伝票で住所(と言っても、仕事先のようですが)と名字だけを知らせてくれただけでした。
リグは格安でしたが、何ともスッキリしません。
121124buy-2.jpg
その後、たまたま見たTV番組で、見覚えがある室内の映像が出ました。この相手の自宅(それなりのマニアのようです)で、ホームページに掲載されたコレクションに酷似していたのです。名字も一致しました。
ほどなく本人が登場しました。ナンダ、こんな親父か・・・。

こちらは正々堂々と自分の所在を明らかにしています。トラブルの無いようにお互いの身分を明らかにするのが当然ではないでしょうか。ビジネスに携わる人物とは常識的に思えません。
こちらは「詐欺かもしれないが、引っかかったら諦めよう」と覚悟しました。
もちろん、以降は一切連絡を取っていません。

無線の世界の場合、無線局の免許・コールサイン、JARL会員が身分保証の一つになるでしょう(どこまで信頼できるかは別として)。
身元の不確かな人との直接取引は、もうやるまい!と決心した事件でした。

雑誌掲載許諾の依頼 [無線その他]

今回も文字だけですHi。
数日前(今月8日)、『雑誌掲載許諾のお願い』というメールが届きました。

今月21日発行予定の某雑誌の企画で、レストアに役立つページとして紹介するので、了解をいだけないか・・という内容です。
出版社の提携会社(微妙な表現をすれば、下請け?)からの依頼です。
昔のリグを紹介しつつ、修理や入手方法を紹介する雑誌で、メンテナンスに役立つwebサイトを2ページで10-12サイト紹介するそうです。

結論ですが、ご遠慮することにしました。編集内容が見えないからです。

・サイトの名称・URL・一部画面のコピー(スクリーンショット)に加え、解説文(120文字)を掲載するそうです。
どんな文章になるのでしょうか。120文字なら、下書きでもお教えいただきたいところです。

・印刷の業界は知りませんが、21日発行なら原稿締め切り直前ではないでしょうか。しかし、承諾の返答期限がありません。
また、『掲載が不可である場合、下記アドレスまでご一報くださるようお願い申し上げます。』とのこと。
返事しなかったら承諾したとみなす、と受け止める表現です。ビジネスのルールとしては、考えられないことです。

・この類の雑誌に掲載されると、面倒な問い合わせが舞い込みそうです。
以前、某雑誌に掲載(これは事前承諾なしです)された際、メールで問い合わせが数点届きました。初心者と思われる常識レベルの質問です。いくつか対応しましたが、繰り返し届く返信に呆れてしまいました。
(初心者は質問するな、という意味ではありません。基礎の勉強をしてから聞きなさい、何でも対応していたら私の時間が足らないことは理解して欲しい、ということです)
初心者には修理は簡単ではない、ということを注意勧告した上で編集されているのか、内容がわからなければ承諾出来ません。

・過去の同社の出版物を読んだことがあります(買いませんHi)が、レストアは簡単なのでチャレンジしよう!というような表現が多々見られます。そう書かなきゃ雑誌は売れないでしょうが、レストアは簡単なものではありません。
正しい技術知識とノウハウ、ある程度の測定器は必須です。ここまでフォローアップした内容なのでしょうか。
受信部はまだしも、送信部は調整を誤ると悲惨な結果になります。
発売後はオークションで中古リグの売買が増え、いじりまくって故障・劣化したリグが再出品される機会が増えると推測しています。

・私は、自分の修理内容をもとにwebを編集しています。同じ機種でも故障モードが同じとは限りません。
読者は、他のリグの結果や他のサイトの情報を合わせて自分で解決策を考えることが出来るでしょうか。
「わからなければ聞けばいい」とお考えの方には役に立たないはず。
そもそも、解決方法や手順は全て公開しておらず、省略したり隠している箇所があります。最近は増えてきましたHi。
無意味な問い合わせ・クレームを避けるためです。


編集元の担当者は、丁寧な応対をしてくれました。ここは理解しています。
あとは編集内容のコンセプトですね。レストアを楽しんでいる方は、同程度の技術を持っている(持とうとしている)方との情報交換を通じて自身のスキルアップを目指しています。
これらの人の考えを十分に収集した上で、編集されることを望みたいと思います。

もらいもののテレカ その2 [無線その他]

120601card-5.jpg前書き込みの続きです。
某OMから以前いただいた開局40周年記念のテレカです。
コールと氏名が記載されていますが、個人情報はぼかしました。

92年に開局40年ですから、まだご健在か・・・と調べましたが、一昨年にQRTされたそうです。延べ58年無線を楽しまれたようです。
今年3月に90歳をお迎えになり、ご高齢を理由に無線をお辞めになったようです。

周囲でもSilent Keyになったとか、年齢を意識してリグやアンテナの整理をされる方が増えつつあります。
耳が悪くなりCWは何とか出来るがPHONEは無理、とおっしゃるOMも数名知っています。QRMやパイルに競って入るのは無理としても、のんびりQSOを楽しむだけでも頭のリフレッシュになります。
継続していただきたいと思うとともに、周囲がOMのオペレーションを気遣う配慮も必要でしょう。

もらいもののテレカ [無線その他]

120601card-1.jpgアマチュア無線関係でもらったテレカが出てきました。携帯電話が普及し、テレカも使うチャンスが少なくなりました。
NTTの通話料金の支払に使える、とのことですが、手続きをすると使用済みカードとして戻ってこないそうです。
ありふれたカードは戻ってこなくても構わないので、手続きをすすめる予定ですが、無線関係と企業が作成したタレントの写真入りカードは勿体ない感じがします。

さて、最初はアマチュア無線工業会(JAIA)作成のサマーキャンペーンのカードです。1991年と1992年のカードがありました。92年とほぼ同一デザインでキャンペーン以外で入手したカードもあります。
JAIA主催のQSOパーティに参加した際の参加賞と思います。アマチュア人口がどんどん増加していた時代です。

120601card-2.jpg120601card-3.jpg120601card-4.jpg

次はハムフェア'93、晴海のハムフェアに行ったときに何か抽選で当たったのでしょうか。
ヤエスの特定小電力トランシーバFTH-103のカードもありました。このトランシーバではなく、何かリグを購入した時におまけでもらったものでしょう。

最後はフィールドデーコンテストの参加賞です。WARC'92キャンペーンでコンテスト参加局数を増やそう!と言うイベントだったような気がします。参加者の多くに送付されたのではないでしょうか。
現在のJARLでは、財政上の理由で難しいでしょう。

多数QSOいただいたOMからの開局40周年記念カードや、アワード申請の副賞のカードもあります。
前記OMはからいただいたカードは写真入りで1992年作成です。さらに20年が経過し、高齢でQRTされたようです。
手放し難いので、使い切って保管したいのですが、使う用途があまり無さそうです。


前の7件 | - 無線その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。